生漢煎 防風通聖散の飲み方を徹底解説!

生漢煎 防風通聖散は、1日3回食前または食間に飲むのですが、食間という聞きなれない言葉に戸惑う方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は生漢煎 防風通聖散の飲み方について徹底的に解説をしていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

【目次】

 

食間って何?食事中のことではない生漢煎 防風通聖散の正しい飲み方

生漢煎 防風通聖散の飲み方は、「1回1包を1日3回朝昼夕、食前又は食間にそのまま水かお湯にて服用する」というものなのですが、食間と聞いて、食事中に飲むことをイメージされる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

実は食間というのは、食事中のことではなく、食事と次の食事の時間の間に飲むという意味なのです。

 

すると、夕食の後の食間って何だ?夕食と朝食の間だから寝ている最中に飲むのか?とまで考える方はさすがにあまりいらっしゃらないと思いますが、つまり食間というのはどういう意図なのかというと、食べ物の影響が極力ない時間帯に飲む、ということなのです。

 

なので、厳密に食事と次の食事の間に飲む、というよりは、食事の2,3時間後に飲むという認識のほうがわかりやすいかもしれませんね。生漢煎 防風通聖散の飲み方の説明には、食前でも食間でもどちらでもよいとは書かれていますが、防風通聖散には便通を柔らかくする効果もありますので、下痢気味になるのが気になる方は、食間に飲むほうが食事への影響が少なくなるのでベターです。

 

 

生漢煎 防風通聖散の飲み方の手順を画像つきで徹底解説!

それでは生漢煎 防風通聖散の飲み方の手順を画像つきで解説していきます。

 

まずは食間(食事の2,3時間後という認識でOK)に、生漢煎 防風通聖散の箱の中から1包を取り出します。

 

包みを開けたら、それをお皿やコップなどに入れるか、または口の中に直接放り込みます。

 

最後に、水かお湯と一緒に防風通聖散を飲み込めばOKです。味は、私も実際に飲んでいますが、甘くて辛くて、セロリっぽい味わいがあるような結構複雑な味です。18種類の生薬からできている漢方なので、甘草のように甘い生薬もあれば、生姜のように辛い生薬もあることで、このような複雑な味になるのでしょう。あまり味わわずに他の西洋薬の粉薬などと同様に水で流し込むようにして飲むのがよいと思います。

 

 

いかがでしたか?食間という概念さえわかれば、防風通聖散の飲み方自体はそんなに難しいものではないことがおわかりいただけたかと思います。

 

生漢煎 防風通聖散は、初回購入半額のキャンペーンを実施中なので、一度試してみたいと考えている方は、注文してみるといいと思いますよ。

 

生漢煎 防風通聖散の飲み方を徹底解説!